日本との物価比較

 一般的に、日本に比べてかなり安いと思われているようです。

 こちらで生活をする上では、食品、日用品、趣味嗜好品、家電・パソコンなどの他、車や交通費など、気になることが多いと思います。

 

 

食料品など

 日本から輸入しているものでなければ、基本は日本よりも安く買えます。
 野菜や魚、肉は日本の半値以下と感じることもあるでしょう。

 

 オーストラリアから輸入している和牛(として、AEONなどで売られています)等では、100gあたり300円~400円、ステーキ用だとそれ以上でしょうか。同じくオーストラリア産の牛肉は、おおよそ100gあたり130円~180円と思えば良いかと思います。

 

 また、牛乳や卵は日本よりもはるかに高いと感じると思います。
牛乳は1Lが約200円、卵は10個で150円~200円です。

 ※ なお、卵は生食は基本的に不可と考えてください。

 

 コメはいわゆるタイ米と同様の形をしています。
 日本と同じ形状のコメは、米国産か韓国産が主で、価格としては、1,000/5kg前後です。

 ※  タイ米にも、実に多くの種類があり、また、それ以外にも糖尿病対策になるコメなどあります。

  それらの話は、記事の長さもあり、会員様向けの情報として公開いたします。

 

 

家電・パソコンなど

 為替によってお得感があったり、その逆もありますが、家電・パソコンなどは日本とあまり変わらない価格になります。
 ただ、家電については、日本で20年ほど前くらいまでは見たような古い形式のものであれば多少は安く入手可能です。

 お気に入りの家電などが有る場合、移住をするならば、こちらに持ってくるということもありえますね。その場合、こちらの電圧220Vを日本の100Vに変換するコンバーターが必要となりますが、日本で購入するよりもこちらで購入する方がはるかに安価です。

 

 なお、蛇足ですが、マレーシアでは、一般的にコードレスアイロンが流通していません。販売している店員が「コードレスなんて冷たくなってアイロンの意味がない」とはっきりと言うくらいです。どうしてもコードレスアイロンが・・・という方は、日本から持ってくることを薦めます。

 

 蛇足ついでにもう一つ。こちらでパソコン(Windows 8など)を購入すると、一般に日本語OSではありません。日本語を入力できるように設定するとして、キーボードの配置は日本語のキーボードと異なります。また、ひらがな入力をなさる方は、日本でパソコンを購入する方が良いかもしれません。

 

 

電気・ガス・水道など

 水道、ガスに関しては日本よりはるかに安価です。
 マレーシアは水が豊富で、かつガスの産出国だから、という理由があるでしょう。

 ただし、電気に関しては日本と同じか割高感があります。特に、エアコンを多用すると、電気代がうなぎのぼりに・・・ということもありえるかと思います。

 

 

交通手段・車

 マレーシアで暮らす方々は車を購入する場合が多いかと思います。
この車ですが、価格は日本に比べるとはるかに高額です。
日本車を買う場合ですが、日本の価格に比べ2倍以上することもあります。

ただ、車を購入した後は車検もありませんし、ガソリン代も安く、また高速料金も安いため、トータルで考えるとマレーシアで車を持つのは安価だそうです。
ガソリン価格も政府が補助金を出していることもあり、日本の半分以下の価格、高速料金は、KLからジョホールバル、あるいはペナンまで、300km強ですが、金額としては千数百円となります。

なお、購入した車を中古に出す場合、日本とは異なりかなりの高値で売ることが可能です。
これもあって、マレーシアでは車にかかるコストが意外と少なく、東南アジアで考えても、下から2番目ですむようです。

高速バス・路線バス、電車に関しては、日本よりもはるかに安く驚かれることと思います。
また、タクシーも同様で、市内で乗る場合は初乗りが約100円、市内であれば1,000円あればたいていの場所には移動可能です。

 


inter.jpg

↑ 現在モニター募集中!!! ↑


お知らせ

 

皆さまからのお問い合わせで一番多いのが“インターナショナルスクール”のこと。このインターナショナルスクールへのサポートを新たなメニューに加えることとします。

こんにちは!

 

yasui_s.jpg

こんにちは、皆さん! マレーシア・ロングステイ・コンシェルジュの保井です。

 

海外への長期滞在や移住を検討なさると、実に様々なことに戸惑うこととなると思います。フードコートの横にある駐車場に車を止めたけど支払いはどうすれば良いの? あるいは、車を運転中に交通事故に巻き込まれたけど何をすれば良いの? など。お子様がいらっしゃれば教育のことも考えなければなりませんし、病院で自分の症状を英語で伝えられるか? など考え始めるときりがありません。

 

あなたがマレーシアで長期滞在する上で困りそうなこと、そして現実に困った場合、『まれこん』を活用いただければ! と思います。私の知る全てを伝え、必要ならば直接お手伝いし、あなたが困っていとや不安を解消いたします。

私が知らないこともあるかもしれません。そんなときでも、現地マレーシア人のコネクションを活用することが可能です。

 

もちろん、何処にでもあるように、マレーシアにも良い面・感心できない面があります。私は、皆さまがマレーシアにロングステイ(長期滞在)・移住していただくために良いことばかりを話すことはございません。実際にマレーシアに住んでみて「こんなはずではなかった」と後悔しないための方法を伝授することによって、マレーシアでの生活で失敗しないよう、お手伝いをいたします。

 

>保井のプロフィール<